国際キャッシュカードを申し込みました

海外引越しに向け、国際キャッシュカードを申し込みました。

国際キャッシュカードというのは、日本で開設している銀行の円預金口座から、海外ATMで現地通貨を引き出すことができる便利なカードです。

判別の仕方としては、キャッシュカードの裏面にPLUSのマークがついていれば、国際キャッシュカードらしいです。

もし既に持っているカードにPLUSマークが入っていれば一件落着だったのですが、残念ながら私のキャッシュカードにはPLUSマークは入っていませんでした。

イギリスでの生活費用は、夫の給料で全て賄う予定のため、基本的には自分のお金は使用する予定はありません。ただ、急な出費や、夫に秘密で購入したいものがあったときのために(←おい)、自分のお金も使えるように整えておきたいなぁと考えたので、国際キャッシュカードを作ることにしました。

調べたところ、今は大手メガバンクはすべて、国際キャッシュカードの新規発行の募集が停止しているようです。新生銀行、楽天銀行、シティバンク、スルガ銀行などが新規発行を行っているとのこと。

とりあえず、実際に引き出しするときのレートは高い(VISAインターナショナルが定めたレートに4%を加算したもの)のですが、カード発行手数料や年会費がゼロということで、新生銀行のものを作ってみました。

ここに自分の貯蓄の一部を預け替えて、いざという時の出費に備えたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。