ロンドン駐在員、本帰国の引っ越しスケジュールはこんな感じ(まとめ)

さて。本帰国も無事終わったので、イギリス、ロンドンから日本へ本帰国の引っ越しをする際のスケジュールを書き残しておこうと思います。

あくまでも我が家の場合です。辞令が出るタイミングが遅い会社や、他にも色々な事情でこの通りにはならないかもしれませんし、これが正しいってわけでもありませんが、ご参考まで。

帰国2か月前~1か月前にやったこと

希望の引っ越しスケジュールを作る

辞令が出たら、帰国のフライト日をまず決めて、そこから逆算でおおよそインベントリーチェック日クリーニング日引っ越し日が決まっていきます。

通常、引っ越しに最低1日、クリーニングに1日、インベントリーチェックに1日が必要となっていますので、例えば月末31日にフライト日を設定する場合、

29日:引っ越し日、30日:クリーニング日、31日:インベントリーチェック日、そのまま帰国フライト

これが最短の引っ越しスケジュールになります。ただし、インベントリーチェック日当日にフライトはちょっと怖い、という場合はもう一日ずつ前倒しにしたりしますし、そもそも、

引っ越し日:引っ越し業者の作業員が確保できることが前提(駐在員マター)

クリーニング日:クリーニング業者が確保できることが前提(駐在員マター)

インベントリーチェック日:インベントリーチェック業者が確保できることが前提(大家さんマター)

ですから、スムーズに3日連続で業者の予定をフィックスできるとも限りません。休日・祝日も入ったりしますし、その休日・祝日が日系業者とイギリス業者によって違うこともありますし、まぁ連続で取れるとは思わないでいた方がいいかも、ってな感じです。もちろん取れる場合もあるんでしょうけどね。

引っ越し日、もしくはクリーニング日以降は賃貸契約期間中であっても自分の家に宿泊することができませんので、ホテルに泊まる必要があります。会社規程で何日間までホテル滞在が許されているかによっても、このスケジュールが前後することに対して許容できるかできないかが変わってきたりします。

でもとにかく、ざっくりとこの4つの日程をどこにするかっていう、スケジューリングをしました。

引っ越し業者への見積もり依頼→見積り作業→業者選定

その上で、引っ越し業者へ見積り依頼を行いました。ロンドンにある日系引っ越し業者は5社前後でしょうか?うちではそのうち3社に見積りをお願いしました。

行きに引っ越しを依頼していた会社は、引っ越し作業日として我が家が許容できるスケジュールの中ではすでに選べる日程がなく、見積り自体を諦めました。日系業者も大所帯でやっているわけではないので、このような形で見積り以前に条件合わずに候補から外れてしまう、ってこともありえます。

引っ越し業者選定に関しては別ページで詳しく書いていますのでそちらをご覧ください。

フライト予約

これは会社によるので何とも言えませんが、フライト予約ができるようなら早めにするのもいいかもしれません。ちなみに、ビジネスの場合、JALは1人3つまで、ANAは1人2つまでと持ち込み可能荷物の量が変わりますので航空会社選びは慎重に。(もちろん、上級会員とか会社がいくつでも負担してくれるところとかもあるだろうけれど。)

ホテル予約

引っ越し業者の選定が終わったら、引っ越し日やクリーニング日も確定し、いつからホテル滞在が必要なのかがはっきりしますので、英国滞在最後の期間に滞在するホテルの予約をします。(これがシーズンによっては難航するみたいね…)

ついでに、日本でもホテル滞在が必要な場合は、日本のホテルの予約も必要ですね。

第一次船便を送る(引越し)

船便を2回に分ける人は、だいたい、帰国の2か月前~1か月前くらいに船便を送ることが多いのではないでしょうか。

イギリス日本間の船便は2カ月かかるので、1カ月くらい前には第一次船便を出さないと、荷物が早めに日本で手に入るというメリットも享受できないし、2回に分ける意味はあんまりなくなっちゃうよね。

詳細はこちらから。

お土産選び

まぁお土産なんていつ選んでもいいのですが、私の場合は人に渡すお土産は第一次の船便に入れて送りました。手持ちは自分のものを中心に持って帰りたかったので。第一次の船便でも引っ越し免税は使えます。

第二次船便のときは仕分けだけでもかなり忙しくなってしまうので、余裕のあるこのタイミングで船便で送れるお土産はすべて積んでしまったほうが楽だとも思いました。

日本の住まい選び

うちの場合は社宅が割り当てられるだけなので、住まい選びは特にすることなし。参考にならないね。妻が先に帰って準備とかもけっこう聞きますよね。

帰国1か月前~1週間前にやったこと

解約関係

  • インターネット(BTなら0800800150へ電話)
  • 水道(テムズウォーターへファイナルビルの電話申し込み、郵送で対応)
  • 電気ガス(オンライン上でファイナルビルの申し込み、Ovoenergyはすべてネット上で完結)
  • 携帯電話(Pay as you goなので、翌月のチャージをしないようにするだけ。カード情報消せばなお安心)
  • NHS(私のGPはメール連絡のみでOKでした)
  • テレビライセンス中途解約(手続きはこちらが詳しいです
  • DMが来るような会員登録してるものも、可能な限り解約(ウェイトローズとか諸々)

手続き関係

  • 大使館あてに帰国・転出届(うちは郵送にしました)
  • 日本クラブ退会(会社が実施)
  • 郵便物の転送届(必要な人は。うちは大家さんに頼めたのでなし)
  • カウンシルタクスの払い戻し手続き(会社が実施したので手続き方法不明)

不用品の処分

チャリティショップとミックスビーを利用して不用品は処分・売却しました。

ミックスビーで帰国売りというものをはじめてしましたが、まぁ日本人同士の話なのでここにはあんまり書けないですが想像以上に大変でしたw

待ち合わせ場所まで決めた後に値下げ交渉してくる人w、待ち合わせ1分前に1時間遅れると言ってくる人w、1時間前に着いちゃったから集合場所に早く来てと謎の催促をする人w、一時間前に一方的に時間変更のテキストメール送ってくる人(こっちに予定があるとか考えないのか…?)w、今から一時間後に取りに行きたいんですが、という前のめり過ぎる人w、待ち合わせに来ない人w。

正直ミックスビーで売らなきゃこんなに疲れなかった、と後悔した日もありました…。これでせいぜい200ポンド位しか得られるものもないので、心労と見合うかどうかはよく検討してほしいw 今回やってみて絶対外せないなと思った条件は、

  • 絶対、最寄駅のみでの受け渡しにする(万一来ないことも考慮して。時間にルーズな人めちゃ多いので、他の待ち合わせ場所だと手持無沙汰で絶望する)
  • 待ち合わせ時間の変更は2時間前まで、とかって念押ししとく(まじで15分前とか1分前とかに連絡してくるやつ多すぎぃ!こっちはもう準備して家出とるわwしばくぞw)
  • 当日の朝とかにリマインドでメール送っとく、リマインドメールに返信なかったら電話する勢いで

え?こんなにギッチギチでやるの?って思うかもしれないけど、これくらいしないと多分イライラせずに取引無理だよ /(^O^)\もちろん中には良い人もいるけどね。でもある程度の量のやりとりをすると、絶対こうなるからwww

帰国1週間前~帰国日までにやったこと

引っ越し関連

  • 引っ越し
  • クリーニング業者によるクリーニング
  • インベントリーチェック ⇒ 電気・ガスのファイナルビル入力

免税でショッピング&免税手続き

免税でショッピングした場合は、免税手続き(還付は出発日に空港で)。

ミニキャブ手配

空港までのミニキャブ手配。

当日にやったこと

免税カウンターで免税手続き。

 

あとは飛行機で飛ぶだけっ ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。