ロンドンでのハンドケア事情。手荒れとの戦い。

さて、昨日に続きまして、ロンドンでのスキンケア関連のお話。今日はスキンケアの中でも、ハンドケアのお話です。

髪は渡英3カ月程で違和感を感じ始めたのですが、肌に違和感を感じ始めたのはそれから少し遅れて5カ月程経った頃でした。顔じゃなくて、手の違和感でした。

ハンドクリームってベトベトするのであまり好きじゃないのですが、ロンドンに来てからは結構こまめにハンドクリームを塗っていたのです。それでも家事等をしているといつの間にかクリームが流れ落ちてしまったりして、手がピリピリするようになってしまったのです。「気を付けてもこうなるんだ…」とかなりの衝撃( ̄▽ ̄;)

そこから、家事の仕方を今までと変えて、できるだけ水を触らない方法に変更しました。具体的には、

1.できるだけ食洗機を使う。
2.オーガニック系の食器洗剤を使う(食洗機を使わない時は)。
3.食器洗いはスティック付きスポンジと手袋着用(食洗機を使わない時)。
image
これがスティック付きのスポンジと、ゴム手袋。ゴム手袋はいざ探してみると色々種類があって驚きました。やっぱりみんな悩んでるのね…。超洗いにくいんですが、致し方ありません。

そして、ハンドウォッシュも保湿系のものを選ぶようにしよう!と決意。
image
BAYLIS&HARDINGのハンドソープってスーパーで売っている中ではけっこう小洒落てて、思わず手にとってしまったんですが、保湿の観点から言うと駄目でした。。。(クリーム系のものなら大丈夫かも。)ダサいパッケージでも気にすることなく、とりあえずまずは、保湿を重視することが重要なんだと身を持って学びました。

ということで、ハンドソープは未だにイイものを探し中です。。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。