ウフィツィ美術館でボッティチェリの「春」「ヴィーナスの誕生」

さすがにウフィツィ美術館は事前予約をしていたので、スムーズに入れました。


2016-08-19-21-09-02

ロンドンにいるうちに来られてよかった。

シエナ派、シモーネ・マルティーニの「受胎告知」。


2016-08-19-21-11-58

 

「テーベの砂漠の教父の物語」。フラ・アンジェリコの初期の作品だと考える学者が多いらしいけど…


2016-08-19-21-15-02

ヒエロニムス・ボス一派の作品にしか見えないし、少なくともフランドルの絵にしか思えないのだけれど…


2016-08-19-21-15-10

2016-08-19-21-16-03

妖怪みたいなのがたくさん描いてあって、じろじろ見ちゃう。


2016-08-19-21-21-20

 

ピエロ・デッラ・フランチェスカの「ウルビーノ公爵と公爵夫人」。


2016-08-19-21-24-10

 

フィリッポ・リッピの「聖母子と二天使」。駆け落ちしたルクレチアと子供フィリッピーノ・リッピがモデルと言われている聖母子像。はっとするほどきれいな絵だった。ルクレチアが特に。


2016-08-19-21-28-16

 

ミケランジェロの「聖家族」


2016-08-19-21-32-51

 

「ガブリエル・デストレの肖像」。ルーブル美術館にあるものの別バージョンに出会い興奮。こっちは薬指をつまんでる。


2016-08-19-21-34-31

 

ここからボッティチェリ。


2016-08-19-21-35-56

2016-08-19-21-36-08

2016-08-19-21-38-51

この間までロンドンに来ていた「パラスとケンタウロス」。

2016-08-19-21-39-57

「アペレスの誹謗」。小さいけど華やかな絵だった。


image

そして…(・∀・)(・∀・)(・∀・)キター


2016-08-19-21-39-07


image


2016-08-19-21-37-06

「ヴィーナスの誕生」と「春」。どっちも華やかで、画像で見てるよりも、実物は死ぬほど素敵だった。

その後はラファエロのコーナー。「ユリウス二世」。英ナショナルギャラリーのものとちょっと違う。


2016-08-19-21-51-26

「ヒワの聖母」


2016-08-19-21-51-47

自画像


2016-08-19-21-52-19

レオ10世の肖像画


2016-08-19-21-52-42

 

んで、感動したのがダヴィンチの「受胎告知」。


2016-08-19-21-58-29

マリアの本の周りのベールの質感すごいし、マリアの気迫ある顔もインパクトある。


2016-08-19-21-59-08

2016-08-19-21-59-19

これはダヴィンチとヴェロッキオの共作。


2016-08-19-21-59-58

 

ヴェネツィア派も。ティッツィアーノの「フローラ」


2016-08-19-21-56-46

「ウルビーノのヴィーナス」


2016-08-19-22-01-36

 

カラヴァッジオも。


2016-08-19-22-04-10

 

ドゥオモを眺めつつ…

2016-08-19-22-27-44
2016-08-19-22-30-10

2016-08-19-22-28-31

 

これにてフィレンツェ観光は終了。また2時間弱かけて、リボルノのクルーズ船に戻りました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。