オープンハウス2016、どこに行くか…?

9月17日と18日、つまり今週の土日、ロンドンではオープンハウスというイベントが開かれます。

オープンハウスとは、ロンドン内にある建築的価値のある建物内部を一般公開するイベントです。 普段は一般公開されない建物も一般公開されたりする、社会科見学大好き派(←そんな派閥ない)にはワクワクするイベント。(とは言ってもざっと見、半分以上は普段から一般公開している建物だったりする…。)

去年は、

  • Foreign&Commonwealth Office(外務省)
  • HM Treasury(財務省)
  • ホワイトホールのバンケティングハウス
  • Admiralty House
  • Burlington House
  • St Helen’s Bishopsgate
  • Two Temple Place
  • テンプル教会
  • ミドルテンプル
  • インナーテンプル
  • The Royal Court of Justice(王立裁判所)

と、かなり色々回りました。

(今年これらの施設がオープンハウスに参加しているかは謎なので、ご興味ある方は公式サイトから調べてみてください~。参加する曜日や時間が限られている施設、Pre-bookが必須な施設などにもあわせてご注意ください。)

去年のブログはこちらから。
オープンハウス・ロンドンに行ってきたよ~(土曜編) 
オープンハウス・ロンドンに行ってきたよ~(日曜編)

でも、去年たくさん回ったが故、なんか気持ちは前のめりなんだけど、もう行きたいところが残ってないという事態発生www首相官邸はもちろん外れたし。枠50しかないし、当たるわけないって分かってるけどさ~(゚∇゚;

それでも「無料」「社会科見学」になんとなーく後ろ髪引かれるドケチ根性☆

一応リストアップした、ちょっとは興味あるところ。(完全に自分用のメモ)

whitehall

30 ST MARY AXE (THE GHERKIN) やっぱりガーキン入ってみたいけど、並ぶ勇気はないので多分リストアップするだけで終わる。

6 BEVIS MARKS ガーキンの写真がきれいに撮れそう。近所にあるシナゴークも一緒に回れる。

ARGENTINE AMBASSADOR’S RESIDENCE

ALEXANDRA ROAD ESTATE 色んな撮影スポットにもなっているらしい、不思議な形のマンション。

GALA BINGO HALL 写真で見る限りすごい。でも普段でも行けるので、今回行く意味があるかどうか。

EMBASSY OF THE SLOVAK REPUBLIC 展示が面白そう。

JW3-JEWISH COMMUNITY CENTRE  普段からオープンしてるけど、なかなか入りにくいであろうユダヤ人向けのコミュニティセンター。

ISOKON BUILDING

こんなところかなぁ~。果たして、行くのかどうか、オープンハウス。

(・∀・)

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。