団体でランチ後にお茶をするのに適したパブ

団体でランチをした後に、じゃあもう少しお茶でもしながらお話しませんか?

ってこれ、賛否は別として、駐妻あるある~(;^ω^)

 

2~3人ならどんなカフェでもすんなり入れるんですが、5人以上になると入れるところってぐっと少なくなります。そんなときに、もっと選択肢として当たり前になればいいのに、ってひそかに思っているのが、昼のパブ。

そう、昼のパブはお茶飲み場としても大活躍。

紅茶とかソフトドリンクもあるし、飲みたい人は飲めばいいし。

会計は個別だからお会計気にしなくていいし。

追い出されたりしないし。

 

パブの中でもチェーン店化しているパブってのもあって、多分一番有名なのがウェザースプーン(Whetherspoon)っていうパブ。テーブル広くて、6人掛けとか8人掛けとかの席がたくさんあるので、お茶飲みながらおしゃべりするのに最適。

(別にウェザースプーンじゃなくたって、そういうパブはいくらでもあるし、とにかく昼のお茶は意外とおすすめ。空いてるし。値段も安いし。)

この日は夜ですが、ホルボーンにあるシェイクスピアズヘッドという店で一杯飲みました。(ウェザースプーンという名前とは別に店名が付いていたりすることもある。でもウェザースプーンでグーグルマップ検索すればまとめて出てきます。)

ま、本当に一般的なパブですが十分です。

この日はギネスで30分だけの滞在でした。日本でこんなふうに30分だけ気楽に入れる飲み屋ってあんまり概念としてないよね。

ごちそうさまでした。やっぱギネスうまい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。