うなぎのゼリーと並んで激マズと有名の、スパゲティの缶詰。

まずいものが多いと噂のイギリスでも、横綱級のマズさと言われているものといえば~…

東の横綱、うなぎのゼリー寄せ

これが一番有名ではないかと思う。

スーパーでも売っているし、もしロンドンのレストランで食べたいというのであればM.manzeF Cookeが有名らしかったり。あとはこのあたりを見てお店を探してみてもいいのかもしれない。が、私は食べたこともないし、これから一生、食べる気もない。だって見ただけで吐きそうだから…。

うなぎがぶつ切りになって、煮こごりになっているなんて、悪趣味にも程がある。食文化に優劣はないと頭では分かっていても、このメニューを作った人はちょっと頭がおかしいと思ってしまうw

でも、これだけはフォローしておきたいが、現代のロンドンでは、このメニューは自分から食べてみたいと能動的に思わないかぎり、街中で偶然出会って口にしてしまうこともないし、スーパーで思わず手にとっちゃうほど目立つ場所にあるわけでもない。

いまやこれを好きなごく一部の人だけが、細々とこの商品を愛して消費している、というのが実態ではないかと思う。知らんけどw その点、まだ良心的な食べ物だ、と思うのである。

それに引き換え、西の横綱は、やばい。

スパゲティの缶詰である。

誰が横綱って決めたって?わたしである。

スーパーにはまるで、さも当たり前のように大きなスペースを占拠して陳列してあるのがとても罪深い。なかにはミートソース缶だと思って購入してしまった人さえいる。(ちなみにイギリスの普通のスーパーにミートソース缶というのは存在していないように思う。もしミートソースの缶詰が売っていることをご存じの方がいたらぜひ教えてほしい…。)

中身はこうだ。

数センチ間隔でぶつ切りにされたブヨブヨのパスタと、ソーセージ。もちろん、ソーセージなしも売っている。

まぁ見た目からして美味しそうではないが、しかし、今までに食べられないほどまずいスパゲティというものは食べたことがない人がほとんどではないだろうか。私もその一人だ。少しまずくても、それなりに食べられるのがイタリアンとか、パスタとかの素晴らしいところだと思って生きてきた。

が、しかし。

このスパゲティは、マズすぎて完食できないのである。こんなパスタが、今まであったろうか、とある意味感動を覚えるほど、マズすぎて食べられないのである。

すごい すごい すごい

ちなみに、パスタ麺もものすごくまずいのだけれど、ソーセージもそれと張るくらいにまずいのがすごい。こんなまずいソーセージも初めて食べた。っていうかこれ、ソーセージ?ドックフードじゃね?

ぜひソーセージのまずさも一緒に味わってほしいので、トライする方にはソーセージ入りをおすすめする。

お土産に最適!とか書いてあるブログ見たけど、普通に嫌われるからやめた方がいいと思うよ。地獄を見るぜ (^o^)ノ

 

ちなみに、もうひとつよく例に挙げられる見た目がグロすぎる「スターゲイジーパイ」は、一度もお目にかかったことがない。コンウォール地方の食べ物だそうだが、一体ロンドンならどこで食べられるのだろうか。あれは見た目がやばいだけで味はそんなんでもない気がするが、どうだろう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。