イギリスでは、タラコと白子、両方Cod roeって言うのね。

イギリスにも一応、タラコと呼ばれるものがあります。

それが、これ。Smoked cods roe(燻製タラコ)

2c5a51ba-s0e60a5db-s

これはウェイトローズの、スモークサーモンとかが置いてあるエリア辺りの、見えないような奥の方にに置いてあったもの。値段は地味に高く、4~5ポンドします。

日本のタラコはスケトウダラの卵巣を塩漬けしたものらしいのだけれど、イギリスのタラコは本当にタラを使ったもの。卵巣を塩漬けにした後、スモークしたものだそうです。

食べ方は、パンに塗ったり、タラモサラダにしたりするみたいです。でも、私は試しにそのまま食べたのですが、正直、生臭くって駄目でした。タラコスパとかにして火を通せば臭いも消えるのかもしれませんが、生臭さでノックアウトされてそれを試すのも億劫で、けっきょく夫に無理やり食べさせて終了。

でも、美味しいと食べている方もネット上ではいるみたいなので、私の味覚がおかしかったのかもしれないし、鮮度が悪いものに当たったのかもしれません。

で、じゃあ缶詰ならどうだろう、と思って買ってきたのがこちらの、ジョンウエストのCod roesの缶詰

image

よく見たら確かに、白っぽい写真が載っているので、この時点で気付いてもよかったんだけど、ボケているので気付かず…

なんかお酒のつまみでも、と思って開けてみた缶詰が、

image

めちゃ生臭いタラの白子だったw

イギリスでは、魚の卵巣も精巣も、roeって言うらしいです。(もちろん、他の呼び方もあるのかもしれませんが。)知りませんでした。

写真じゃクラッカーに載せてそのまま食べてるっぽいけど、とてもそんなのできるような匂いじゃない。結局、バターしょうゆで炒めて食べたのですが、途中から形がなくなって、ブヨブヨの白っぽい半液体になってしまいました。味は生臭さが消えるので食べられますが、じゃあ食べたいかというとそうでもない感じでした。何か良い調理法があるのかなぁ…?

たらこも白子も日本じゃ大好きだけど、イギリスのものはちょっと受け付けないですね…

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。