ロンドンにある北欧カフェ、ノルディックベーカリー

(いつも日本時間の18時に更新しているので、イギリスではサマータイム終了につき、今日からイギリス時間で朝9時の更新となります☆)

ロンドン生活もあと数カ月なので、リストアップしたまんまで行けていなかったところにも行かなきゃなぁ、ということで重い腰をあげ始めた最近。

この日は、ロンドンに何店舗かある、北欧風ベーカリーカフェ「ノルディックベーカリー」へ。これはマリルボーンハイストリートからちょっと入ったところにある店舗。

image image

シナモンロールもあるし、カレリアン・パイもあるけれど、目についたのはスモーブロー(北欧風サンドイッチ)。

ライ麦パンの上に、スモークサーモンが乗ってたり、玉子とへリングが乗ってたり、と、いくつか種類が。

image

私が選んだ具はグラブラックス(gravadlax)。

グラブラックスとは、生の鮭を塩・砂糖・黒胡椒・ディル(香草)・ディルシードやコリアンダーシードなどの香辛料・アクアビット、ウォッカ、ブランデーやジン(スピリッツ)・レモンなどに漬けたものを薄く切り、ホヴメスタルソースまたはグラヴラクスソースというディル、砂糖か蜂蜜、ワインビネガー、塩、胡椒、植物油、レモンとマスタードを合わせたソースをかけたもの。

だそうです。鮭の塩漬け with 香辛料、マスタード風味、みたいな。スカンジナビアの魚料理だそう。

フォークとナイフで食べるのが北欧流らしく(本当かよ)。カフェラテと共にいただきます。食器はティーマだよね、たぶん。

image

…スモーブローのパンは、硬い。んー、30点。

でも、カフェラテは泡がいつまでも残っていて、美味しかったです。ラテだけ飲みに行くならありかな。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • Nordic Bakery っていうチェーン店があるんですね! そう、私もデンマーク滞在1年ちょっとではまだまだその硬い、ライ麦パンに慣れていません。でも、ロンドンのスモーブローはオープンサンドではなくちゃんとサンドイッチになってますね。
    ナイフとフォークでサンドイッチを切ってひと口ずつ食べるのは、オープンサンドだからだと思ってました! 夏時間が終わって、いよいよ夕方真っ暗になる時間が早まりましたねー Dark Ageの始まりですが、残りのロンドン生活、楽しんでくださいね。

    • こんにちは(^^)
      オープンサンドでも注文できると思いますが、お腹が減ってたので上に載せてもらいました(^^;)
      確かに普通のサンドイッチなのにナイフとフォークって、なんか可笑しいですね…(^^;)

      夏時間、終わってしまいましたね~。暗い季節になりますがお互い元気に過ごせるといいですね^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。