アンティークマーケットのすすめ

先日も世界最大級といわれるニューアークのアンティークマーケットに出掛けてきた私ですが、ロンドンに来る前はまさか自分がアンティークマーケットにハマるなどとは、微塵も思っていませんでした。

別に知識があるわけではないので、ただただアンティークマーケットに行って買い物するのが好き、というだけなのですが、それでも楽しい。楽しい。楽しいは正義\(^o^)/

すべては、一番最初にケンプトンのアンティークマーケットに連れて行ってくれた友人のおかげです。物見遊山でついて行ってみて、本当によかったと思っています。

…ということで、今日はアンティークマーケット、行ってみた方がいいよ!という話です。(実社会では「これマジいいよ!」というひとことを言うにも万が一満足できなかった場合のことを考えてビクビクしてしまうタイプ…w やっぱり匿名で無責任だから言えることってあるのよ。)

ロンドンに来るまでは、アンティークといえば、「開運!なんでも鑑定団」のイメージしかなくて(笑)。偽物をつかまされて、鑑定結果に愕然とするお父さん、っていうイメージが強すぎたのか、アンティークマーケットにはなんとなく如何わしいイメージしかありませんでした。

実際、人と話していても、「アンティークってよく解らないからなぁ…。」って言う人はたくさんいます。騙す・騙されるの世界だと認識しているので、知識がないとダメ、っていうロジックなんですかね。うん。わかる。わかる。でも、一回行って、「解る/解らない」の世界じゃなくて、「可愛い/興味ない」の世界として楽しんでいいってことが分かると、一気に好きになっちゃうんだよ、これが。

もちろん、向いてないであろう人もいます。潔癖で中古は何が何でもダメ!って人はもちろん向いてないと思います。(でも、「えー、中古って別に…」くらいだったら、好きになる可能性は全然ある。)

でも、もし可愛いものが好き、とか、食器好き、とかだったらハマる可能性すごくあると思います。

イギリスの食器、っていうと思い浮かぶのは、
image
こんな薔薇の絵が描かれたカップ&ソーサー、って人も多いと思うんです。もちろんこういうものも多くありますが、それだけではありません。私はこういうザ!って感じのに興味皆無。(もちろん血迷って買ったことはあるけどw)

北欧系の食器を日本にたくさん持っているので、それに合うようなものを中心に選んでいます。あとはポップなプリントと、色付きのガラス製品が好き。数は少ないけれど、物珍しいものと出会えると楽しい。

もちろん、世間的な売値より安く買えた!っていうのに喜びを見出すという楽しみ方もあるんだけれども、どちらかというと私は普通のショッピングに近い感覚で。値段よりも、街で普通には買えない可愛いものを買う、っていうのが楽しかったり。もちろんそんなに高価なものに手を出さないからだけど、値切りも気が向いたらする程度。

ちなみに、「アンティークマーケット」とは言っても、私も含め主婦がよく買っているのはとてもチープな価格帯のものばかりだと思います。カップ&ソーサー1客で3£、とかそんなので十分楽しめますw

というか、「アンティーク」というのは製造から100年以上経過した製品のことを言うので、私が買っているもののほとんど全て、アンティークではないんですけれどねw 良く言ってヴィンテージ、悪く言えばゴミwですが、それでも楽しいものは楽しいのよ~。

そして最近読んで面白かったのは、この本。

アンティーク・ディーラー[Kindle版]

石井陽青 朝日新聞出版 2013-10-03
売り上げランキング : 64902

by ヨメレバ

日本で活躍しているアンティークディーラーが自身の四方山話を語った本なんですが。アンティークマーケットってやっぱりイギリスが世界の中心らしく、イギリスでの四方山話が4割くらいを占めています。アンティークに興味を持ち始めた人にはけっこう面白いかと。私は3回も読んじゃったw

それから、こっちはアンティークではなく、イギリスのアンティークマーケットでよく見かけるビンテージ雑貨を色々紹介した本。


ロンドンで集める ビンテージ雑貨コレクション ビンテージカタログ 2014~15 (とは文庫)[Kindle版]

ブリックキング 株式会社レジア 2015-06-24
売り上げランキング : 71801

by ヨメレバ

内容が超充実してる、ってわけじゃないんだけど、こんな種類の雑貨があるのね~ってのを眺めるのは楽しい。正直1度目に読んだときは「内容これだけかよw」って思ったんだけどw、アンティークマーケットから帰ってきて、今日見かけたものと照らし合わせながら読むとなかなかオツ。

最近は食器棚がパンパンになってきて、大家さんが家と一緒に貸してくれている食器をクローゼットの奥に仕舞って、必死にスペースを作っているわたしでした。ちゃんちゃん。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ブログスタイル変わりましたね! 寄る年波で小さい字が読みにくくなっている私にはとっても読みやすくなって嬉しいです。ますます楽しみです。

  • そうなんです、ちょっと変えてみました(^^)確かに前は文字が小さかったですね^^;
    ありがとうございまーす!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。