ケンプトンのアンティークマーケットに行ってきました。私、大興奮。

先日、初めてケンプトンのアンティークマーケットに行ってきました。もっとも、「ケンプトンのアンティークマーケット」というのは通称であり、本当のマーケットの名前はSunbury Antiques Marketと言うらしいのですが。

毎月第二火曜日と最終火曜日の早朝6:30頃からこのマーケットが開催しており、11時過ぎから早々と店じまいが始まるという感じ。(詳細の日程などはこちらからどうぞ:http://www.sunburyantiques.com/

Waterloo駅からShepperton行きのナショナルレイルに1時間弱乗ってKempton Park駅で下車して、すぐのところにある競馬場で開かれているアンティークマーケットです。

この日は5時起き。アンティークが大好きだという方に、一緒に連れて行ってもらったのです。6時12分発の電車に乗り込みます。早っ!って感じなのですがw、気合いを入れて行く人はこんなスケジュールだそう。リュックサックで両手を自由の状態にキープし、その中にロンシャンの折りたたみドデカバッグを入れ、いざ出陣です。

60db8fd4

マーケットは、室内と屋外に分かれています。とにかく広い、広い。ざっと見るだけでも2時間かかります。室内はこんな感じ。
860fff51

本当に色々なテイストのお店があります。このお店は北欧系とかジャーマニー製のアンティークがお得のよう。
fa69ea1d

こちらは比較的新しめのカップ&ソーサーなどを取り扱うお店。
9d28a8af
f7ce5f49

やはりイギリスなので、カップ&ソーサーはかなりの量で、本当に色々な柄がありました。他にもシルバー製品やアクセサリー、絵画など、なんでもござれ。
e209aa10

外には家具などが多い模様。もちろん、陶器もたくさん置いてあります。
7d91bc37

ランプとかもたくさんありました。電圧が一緒だったらねぇ…。
3c2fbc71
2d0f18f8

行く前は、他の日本人の方々のブログなどを事前に確認し、「バターナイフとティーカップ1客くらい記念に買えればいいかな~」なんて思っていたのです。が、終わってみれば超大漁祭り(・∀・)

初め1時間くらいはどうやって見て行ったらよいのかも手探り状態だったのですが(初め1時間くらいは全てがガラクタに見えたw)、じっくりと見ているうちに気に入るもの・興味ないものの選別が出来てくるように。すると…楽しい(・∀・)

ということで、戦利品~♪

0bda493b
8d87a9a6

ベリーク(belleek)というアイルランドのブランドの、ネプチューンというシリーズ。2客で35£。貝殻の形をしたティーカップで、底に巻貝まで付いている超繊細なデザイン。このブランド知らなかったのですが、けっこうコレクターの人もいるようで、アンティークマーケット初回にしては、かなりイケている買い物だったと自負w

 

b3461a96

あとは、マルガリータ用カクテルグラス。色が可愛かったので思わず。何に使うんだ…2つで15£。
19a5fb4a

これ(↑)はフランス製ワイングラス。これも2つで15£くらい。ポップで可愛かったので思わず。
efc9116e

ロイヤルクラウンダービーのポジーのミルク入れ・ミニトレー、各5£。このミニトレーって何に使うのかな(笑)?砂糖置くの?それとも紅茶のティーバッグとかを置いとくのかな?(←色々ひどいw)似た柄のロイヤルクラウンダービーを持っているので一緒に使うべく購入。用途はまだ知らぬ。

行かれる方向けの注意点としては、
1.ケンプトンパーク内には本当に小さな飲食店が1つしかないので、朝食はきちんと電車内で済ませ、長丁場に備えて飲み物も持参がおススメです。
2.ちょっと埃っぽいので、鼻が弱い方は覚悟の上で。本当はマスクができればいいのですが、イギリスでは不審者扱いですからねぇ…。
3.手がけっこう汚くなるので、ウェットティッシュなどあると便利かも。お手洗いはありますが。

…ということで、持ってきたロンシャンの折りたたみバッグ一杯に食器を詰め込み帰路に着きました。想像よりもずっと楽しかったので、絶対にまた再訪したいと思ったのでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。