ロンドン ソーホーにあるハンガリー料理屋、The Gay Hussar

ずっと行きたいなぁと思っていた、ソーホーにあるハンガリー料理屋、The Gay Hussarに行ってきました。

最寄駅はトッテナムコートロードです。

ハンガリーやオーストリアあたりの料理って結構美味しいので、ずっと行きたかったのですが、家からそんなに近いわけでもないのでなかなか機会がなく。帰国間近にやっと行けました。

この店の前を通っても、ふらっと入ってみよう、とはならない外観。よく分からんパブみたいな外観(失礼w)。

…でも、50年以上続く老舗レストランだけあって、中に入ると、

雰囲気すごくあって素敵。Rulesとはちょっと違うけど、でもああいう、古いレストラン特有の素敵な雰囲気漂うレストランでした。風刺画タッチの肖像画が一面に飾られていて、かなり独特。

メニューの馬の絵もなんか可愛い。トカイワインなんかもありましたが、ドリンクはビールにしました。

前菜はハンガリーサラミ。サラミはロンドンで食べるものよりも少しだけ水分多め?。ハムとかサラミにピクルスを乗せて食べるのはミュンヘンでも同じだったなぁ~。意外と合うんだよね。

メインはVeal Goulash with Galuska。Galuska(ガルシュカ)はドイツ語でシュペッツレのこと、団子状(?)の卵麺。それに、仔牛肉のグラーシュを絡めたもの。

これは美味しかったは美味しかったけど、うま味成分がちょっと足りないかな~? 二度目に行ってもリピートはしないかも。

で、もうひとつは、Stuffed Cabbage(Toltott Kaposzta)。つまり、ロールキャベツ!上にはソーセージが乗っていて、両脇にはキャベツの煮込み的なものも添えられていますが、

カットするとこんな感じ。

これが、超美味しい~♡美味しい~♡

かなり通ずるところのある、ドイツや中欧料理と日本の洋食。Veal Goulash with Galuskaも不味かったわけじゃないし、雰囲気もいいし、夫と二人で「ここ、アタリだね」「なんで、もっと早く来なかったんだろう、もし来てたら絶対定期的に通ったよね。」「日本料理に中華、たまに韓国料理にイタリアンとスパニッシュだけじゃなくて、中欧料理とかドイツ料理という攻め方があったのに、なぜ気付かなかったのだろう…」と後悔し通しでした。

ちなみに、日本クラブの会員カード提示で20%オフになります。もちろん、持ってくるの忘れたよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。