カランスクールに通うことにしました。カランメソッドで私の英語は上達するか!?

今週から約6ヵ月間、カランスクールロンドン(callan school london)に通うことにしました。

夫には、「お前、語学学校に通うためにロンドンに来たんじゃないんだからな…」と言われましたが、「いやいや…英語の勉強するためにロンドンに来たんだよ…?」と心の中で呟いて、夫に懇願をし、どうにか語学留学ばりのスケジュールで語学学校に通うことを認めてもらいました。ありがとう夫よ!

私はロンドンに来るまで知らなかったのですが、「カランメソッド」という英語習得のためのメソッドがあり、日本でもそれなりに注目を浴びているようです。そして、その本家本元がこのカランスクールロンドンです。

さて、その「カランメソッド」ですが、一体全体、どんなメソッドなのかと言いますと…

  • 他の英語学習法の1/4の時間で英語が習得できるメソッド(←ほんとかよ)
  • 授業内容は「講師が学生に質問をし、それに対し生徒が正しい文法で答える」。これをひたすら繰り返す授業。
  • 講師は早口で2回、質問をする。それに対し生徒は、その答えを即座に答えなければいけない。
  • 生徒が少しでも答えに窮していると、講師にすぐ模範解答を言われてしまう。生徒はその模範解答を声に出してリピートする。

自由会話やプレゼンテーションなどは一切なし。とにかく繰り返し、繰り返し、繰り返し、体に正しい英語を叩き込む、軍隊のような英会話学校らしいw。そして正しい文法を考えながら解答することは禁止されており、とにかく自然に言葉が出てくるように訓練をする、というメソッドになっております…。ベリーハード \(^o^)/

詳細はこちらから→callanメソッドへようこそ

正直、カランメソッドがどれほどのものかは今のところ分りませんし、このメソッドで英語がしゃべれるようになった人もいればそうでない人もいるでしょう。そんな中で私がカランメソッドを選んだのは以下の理由からです。

  • 「他の英語学習法の1/4の時間で英語が習得できるメソッド」を騙されたと思って試してみようと思ったから。
  • それなりに市場からも評価されているから。イギリスの語学学校の中で最も生徒数が多い(らしい)。
  • カランメソッドが、以前から使用している「瞬間英作文」に書かれている英語習得方法と近しい概念だと感じたから。

先週レベルチェックを受けまして、私のレベルは12レベル中レベル4でした。CEFRにレベルを置き換えるとA2程度ということで、まさにそんな感じの私の拙過ぎる英語がどこまで伸びるのか…。ということで、今日から私はハイパー英語勉強モードに入りたいと思います。まるで精神と時の部屋に入ったかのような勢いで勉強をしたいものです…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。