トイレ周りのお掃除グッズを紹介 in ロンドン

さてさて。今日はトイレ周りのお掃除グッズを紹介してみようと思います。(ただし、私はロンドン初心者ですので、あしからず…。間違っている情報などがもしありましたら、気付き次第、ページ修正などをするよう心がけております。どうぞよろしくお願いします(*´ェ`*))

さて。

トイレに関しても、やはり日本と違うのは、ライムスケールとの闘いだ、ということです。念の為補足しておきますと、ライムスケールというのは白い水垢のことで、硬水に含まれるカルシウムやマグネシウムが固まったものです。日本でもポットの底にライムスケールが溜まることがありますが、ロンドンでの溜まり方は日本の比ではありません。水を一滴垂らして放置しておけば、たちまち白いライムスケールの出来上がり♪です。

常に一定量の水を貯めているトイレですから、当然、日々のライムスケール対策が必要になります。また、トイレの水を流すときの水の流れ道にも、気付くとライムスケールのラインが出来ていたり。

ということで。日本にもありますが、
2015-04-08-05-24-07
トイレの脇にぶら下げるこの商品を使っています。何ていう名前なんだろう?
2015-04-02-01-51-25
他にも色々な種類が売っています。

2015-04-02-01-49-41
トイレスタンプも結構売っていて使ってみたのですが、我が家のトイレには合わず、使用を止めました。なぜ合わなかったかと言うと、我が家はセントラルヒーティング方式の家で、バスルームも含めて全ての部屋が温かい状態なんです(各部屋ごとに温度調整できる家もありますけれど、わが家は違います)。特に空気のこもったバスルームは温度が高くなりがちで、その結果このスタンプが、想定以上に柔らかくなってしまい、しかもそこに水圧の強めのトイレの水の勢いが加わり、スタンプがいつのまにか流れ落ちてしまうこと、数回…。

というわけで、我が家では一番上に載せた商品を使っています。

そして、これらのケアとは別で、
2015-04-08-03-24-42
ジョンソン&ジョンソンの、DUCKというトイレ掃除洗剤を使用しています。これ、日本でも細々と売っているらしいですね。アヒルの形でとても可愛いのですが、このくびれはただ可愛いだけでなく…
image
こんな感じで、便器の溝から液体を掛けられるように設計されているらしい(笑)。GOOD DESIGN賞あげてくれ(笑)!色々な種類があるのですが、私は黄色を使用。細菌除去とライムスケール取りが1本でできるタイプです。説明書きには、最低でも週に3回使ってね!って書いてあるんだけど、ぐうたら主婦のわたしはトイレ掃除を週に3回もできません…検索したら毎日している人もいるみたいですね。ただただ尊敬です。ということで、週に1回くらい、このアヒルちゃんで掃除します。キタネー、と思った方、ごめんなさいね…(´・ω・`)

あと、たまに気付いた時に、トイレ用のドメストをしてみたり。
2015-03-31-06-03-42

と、こんな感じです。あとは日本で使っていたまめぴかやマジックリンが普通にイギリスに持ち込めたので、日本で使っていた余りを使ったりしています。普通にこっちでも使えます。
 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。