ロンドンのレストラン。Is everything OK?の後に問題はやってくる。

レストランで食事をするとき。

ロンドンでは全ての料理が運ばれてきた後、料理をモグモグしていると、必ず店員さんがやってきて、「Is everything OK?」と尋ねてきます。

私はとんでもない馬鹿なので、ロンドンに来た最初の頃は、「料理が運ばれた後もお客さんを気にかけてくれるなんて、なんて優しい人達なんだ!」という勘違いをしていましたw 我ながら、めでたい思考の持ち主だなぁ、と思うのですが。

この「Is everything OK?」が形式的な接客業のお作法だということを認識できたのは、それからしばらく経った頃でした。とほほ…

会話が超盛り上がってても、割り込んで「Is everything OK?」ってガシガシ入ってくると、もうちょい空気読めやwと思うこともありますが、これを確認するのはウェイターの義務なのかしら、と思うと、まぁ仕方ないかしら、とも思ったり(´・ω・`)

にしても、ロンドンのレストランで一番の問題は、「Is everything OK?」の後にやってくる、と個人的には思っています。お会計を頼もうとしても、「Is everything OK?」を最後に、店員が一向に近づいてこないのです。店員をひたすら見つめても目を合わせてもらえず、やっと店員を掴まえたと思ったら「僕の担当じゃない…」と言われ…。(まあ、こっちの業務ごとに担当がある制度、ってのも分かるから仕方ないんだけど…)

「Is everything OK?」の後、いきなり雑になるのやめれー\(^o^)/と、思う次第。なんかいい方法あるのかしらね~…?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。