ミュンヘンのアルテ・ピナコテークで、大きなルーベンスを鑑賞。

ノイエ・ピナコテークに続いて、その向かいにあるアルコ・ピナコテークへ来ました。長ーい階段!
2016-03-26-22-29-58

ここにはバイエルンの王家・ヴィッテルスバッハ家が16世紀から集めた15~18世紀の絵画が展示されています。現在は一部改装中で、見られない絵画もあります。残念\(^o^)/

アルドルファーの「イッソスの戦い」
2016-03-26-22-33-48
デューラーの作品がいくつか。「4人の使徒」
2016-03-26-22-34-05
自画像も。
2016-03-26-22-34-35
フィリッポリッピの受胎告知。
2016-03-26-22-39-49
ダヴィンチの聖母子像。
2016-03-26-22-38-49
ラファエロの「カニジアーニの聖家族」。わー、三角形すぎ。
2016-03-26-22-40-49
こっちもラファエロ。
2016-03-26-22-40-30
2016-03-26-22-41-43
ティントレットの「ウルカヌスに驚かされるヴィーナスとマルス」
2016-03-26-22-43-09
ヴァン・ダイクの「スザンナの水浴」。ヴァン・ダイクもこんなの描くんだ。そりゃ、ルーベンスの弟子だもんね。っていうか、イギリスの王様なんかより、本当はこういうの描きたかったに決まってるよね…。
2016-03-26-22-45-53

そしてルーベンス部屋が2部屋。この美術館自体が「最後の審判」を展示できるように設計されたんだそうで。
2016-03-26-22-48-24
超巨大な「最後の審判」がこちら。
2016-03-26-22-50-21
他にも、色々。「ライオン狩り」
2016-03-26-22-48-43
「レウキッポスの娘たちの略奪」
2016-03-26-22-51-18
「酩酊するシレノス」
2016-03-26-22-48-47
ルーブル美術館にある「マリー・ド・メディシスの生涯」のモデッロもたくさんありました。
2016-03-26-23-11-06
「ルーベンスとイサベラ・ブラント」 。最初のお嫁さんとの一緒の自画像。
2016-03-26-22-51-50

レンブラントも。「イサクの犠牲」。見たかったやつ。
2016-03-26-22-54-47
マイセスの「収税吏とその妻」
2016-03-26-22-59-12
ピーテルブリューゲルの「怠け者の天国」
2016-03 -26-23-01-59
「農民の結婚式」
2016-03-26-23-01-07
ヤン・ブリューゲルの「港で説教するキリスト」
2016-03-26-22-59-40
「磔刑のキリスト」
2016-03-26-22-59-55
「魚の口から吐き出されるヨナ」
2016-03-26-23-04-42
ヤン・ブリューゲルとルーベンスの共作。二人は友達だったんですよね。
2016-03-26-23-09-19

残念ながらモダン・ピナコテークは時間がなくて回れませんでした~。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。