ランガムホテルのアフタヌーンティーへ行ってきたよ。

ロンドンへ来客があり、アフタヌーンティでもしようということでランガムホテル(The Langham London)へ行ってきました。

アフタヌーンティーって、好きな人は本当に好きなんですよね。でも私は、イカの塩辛でビールを飲んでいる方が幸せなタイプなので、来客でもないとアフタヌーンティへ行こうという気が起こりません( ゚∀゚)カジュアルなアフタヌーンティしか行ったことがなく、正統派アフタヌーンティは今回が初めて。

ぶっちゃけ、同じ粉物なら、お好み焼きかたこ焼き食べたい\(^o^)/

…でもまぁ、飲み会だって軟骨の唐揚げ食べたくてお金払うわけじゃないしね。おしゃべり代金だからね。目の前に並んでいるのが何であろうと、おしゃべりが楽しければそれでいいか(´∀`)

さて。
ランガムホテルはリージェントストリート沿い、オックスフォードストリートとの交差点をピカデリーサーカスとは逆側へ曲がって、尖塔が目立つこの教会が見える辺りにあります。
2016-03-11-20-55-30

入口はこんな感じ。
2016-03-11-20-56-33
入口を入るとすぐ、パームコート。ここでアフターヌーンティが頂けるようです。
2016-03-12-00-12-44

お茶はたくさんの種類の中から1種類選ぶ方式。今回はホテル150周年記念のランガムブレンドを選択。150周年にちなんで150種類の成分をブレンドしたお茶だとかw 世界で一番コンプレックスなお茶、とのお品書き。そこで150に拘る必要ってあるのかしら(笑)?

スターターはレモン風味のピューレ的なもの。さわやかな風味でそこそこ美味しい。
2016-03-11-21-12-15
次はサンドイッチ。好きなものだけを選んでもいいし、5種類全部を選んでもOKとのこと。
2016-03-11-21-23-25
もちろん全部選びましたw
2016-03-11-21-25-11
一番美味しかったのは、一番上に乗っている海老のサンドイッチ(カレー風味)。黒いサンドイッチはいまいちだったけど、それ以外はそこそこ美味。でも、ここで既にお腹一杯という定番すぎる流れw

料理は食べ終わったら次がサーブされるという流れ。(小食な人は食べる量をコントロールした方が最後まで楽しめるかも。)次にスコーンが登場。プレーンなものとナッツ入りのもの。
2016-03-11-22-24-53
温かい状態で出てきました。ほっかほか。ジャムとクロテッドクリームで頂きました。このスコーンはけっこう美味しかった!

最後にケーキ達。
image
まぁ、可愛い!
2016-03-11-23-00-59
ピンクのピスタチオのケーキと、黄色いマンゴー(?)のケーキが美味しかったです。

このカメオ、すごくない!?(味は砂糖菓子みたいでいまいちだったけど…)
2016-03-11-23-21-36

正統派アフタヌーンティーの世界が味わえて面白かったです。ごちそうさまでした。ピアノの生演奏もついて、優雅なひと時…のはずがほぼおしゃべりで音楽聞いてない\(^o^)/

個人的には、少しでも紅茶が減るとすぐに店員さんがお茶を注ぎに来るのが、会社の飲み会で上司のビールを気にする部下的な感じでツボでした。結果的にめっちゃ紅茶飲まされて、お腹がちゃぷちゃぷだよ\(^o^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。