1798年創業 ロンドン最古のレストラン、Rules(ルールズ)

先日やっと、Rules(ルールズ)へ行ってきました。


2016-04-03-19-55-44

日本に帰国する前には行きたいなぁ~、なんてぼんやり思っていたけれど、結局、全然行く機会が無かったお店。一人じゃ行けないお店だし、友人を誘う店ともちょっと違うような雰囲気だし。

Rulesは、1798年創業のロンドン最古のレストラン。ロンドンのガイドブックにも1番最初に載っていることが多いのです。

ライチョウやウサギなどの狩猟肉を、イギリスの伝統的なレシピで調理した料理が食べられるお店です。コベントガーデンにあります。もちろんビーフやポークもありますし、一番有名なメニューはローストビーフですかね。(ローストビーフってイギリスの名物なんですよ、知ってました?)

でも、私の中では、それ以上に…

「情事の終わり」の舞台。私、人生で読んだ小説のうちでも、この小説が3本の指に入るくらいに好きなのです。

舞台は第二次世界大戦中のロンドンが主で、主人公とその相手がよく逢引に使っていたのがこのレストラン、という設定だったのでした。「情事の終わり」の作者、グレアム・グリーン自身もよく訪れていたんだそう。

さてさて。入口入った辺りはこんな感じ。


2016-04-03-21-21-53

お店の入口にはハットフックも。かっちょえぇ~(・∀・)


2016-04-03-21-21-57

店内。角だらけ。


2016-04-03-20-07-12

2016-04-03-20-12-07

鳥のはく製(?)も。


2016-04-03-20-32-32

インテリアだけでも圧巻で、入る価値ありです、

さて。私には見たいものがありました。どうやらここにはグレアム・グリーンのスケッチ肖像画があるらしい。注文を終えた後、「どこにあるの?」と店員さんに聞いてみたところ、2階(日本でいう3階)に案内されたのでした。なんとそこは、グレアム・グリーンルーム、という名前が付いた個室。
2016-04-03-20-15-19

「この中にあるけれど、今日は鍵が閉まってるよ!」と言われ、しょぼーん(´・ω・`)


2016-04-03-20-15-43

16人までで利用できる個室だそうです。

さて。「情事の終わり」では、この店でタマネギを食べて、「タマネギ、タマネギ…」とラブラブするシーンがあります。私もタマネギを頂きたかったのですが、もうメニューが変わってしまったのか、「タマネギ」というものはメニューにありませんでした。

ということで、一番近そうな「タマネギタルト」を前菜に頼んでみました。


2016-04-03-20-21-23

「タマネギ、ウフフ」をしたかっただけでオーダーしたんだけれど、予想外に美味しかったです。

そして、メイン。ポークチョップ。これも、作品の中で彼らが食べていたもの。


2016-04-03-20-43-12

これは…はずれ(笑)。ツナを食べているかのような。

そして、ビーフステーキ。


2016-04-03-20-43-08

ヨークシャープディングをどかすとこんな感じ。


2016-04-03-20-43-56

これは普通に美味しかったです。そして、今まで食べた中で一番美味しいヨークシャープディングでした。

そして、お手洗いをすませるべく、1階(日本でいう2階)へあがる階段にも色々な絵や写真が。

2016-04-03-21-06-22


2016-04-03-21-09-18

そして、階段上。…あるじゃん、グレアム・グリーンのスケッチ肖像画!


2016-04-03-21-09-01

私の伝え方が悪かったのかしら~(笑)。ま、見れたしよかった\(^o^)/

おいしゅうございました。ごちそうさまでした。とっても素敵なところなので、一度は是非!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。