シャワーホースを交換する in イギリス

前々から若干おかしいなぁ、と不調を感じていたわが家のバスルームのシャワー。

シャワーヘッドの穴まで水が半分くらいしか届かない。残りの半分は、シャワーホースの隙間から少しずつ水漏れしていている模様…。

そもそも、日本では

こういうビニール製のホースしか使ったことがなかったので、シャワーホースの隙間から少しずつ水漏れする、なんて症状経験したことがなかったのだけれど、イギリスの今の家に付けられてるのは、

こういう、ステンレス製のシャワーホース。

硬水のせいでライムスケールがすぐできてしまうロンドン。当然、 こんな凹凸のあるシャワーホースはライムスケールの格好の餌食となってしまいます。借りている家なので、できるだけライムスケールがつかないように、と定期的にブラシで磨いていたのですが、それが逆にホースを破損させる遠因にもなっていたのかも…。

そして先日、ついに、シャワーの穴から全く水が出なくなってしまったのです。ガチョーン\(^o^)/

…ということで、とりあえず大家さんを呼んでみました。とりあえず見てもらった後は、修理業者でも呼ぶのかなぁ、と思っていたら…

「じゃ、今から買いに行こう(・∀・)簡単だよ~。」とのこと。

せっかくなのでついて行ってみると、家から3分ほどのところにある小さい雑貨店に、たった6ポンドでホースが売られていたのでした。

スパナで取り外しして…

image

簡単に付け替え終了。かかった時間、約5分。

image

こんなに簡単で、ホースの値段も安いなら、そんな一生懸命掃除することなかったんではww へたすりゃ、掃除用の洗剤のが高いw

いつも簡単なことで呼びつけてごめんね、大家さん。こんな作業、イギリスに元から暮らしてる人なら自分でやっちゃうレベルなのかも。イギリスの常識分かってない片言外国人に家を貸すのは大変だなぁ、って後悔してそうだなぁwすまんね\(^o^)/

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。