ロンドン市内からガトウィック・ルートン・スタンステッド空港への移動に使える長距離バス

ロンドン周辺には、ヒースロー空港以外にもいくつか空港があります。

  • ガトウィック空港
  • ルートン空港
  • スタンステッド空港
  • サウスエンド空港
  • シティ空港

日本からの長距離便はほとんどヒースロー発着のため、ロンドンに来るまでは聞いたこともない空港ばかりでしたが、これらの空港は空港使用料が低く、格安航空会社のイージージェット(easyjet)はルートン空港を、ライアンエア(Ryanair)はスタンステッド空港を拠点にしてヨーロッパ各国への発着便がたくさんあるため、旅行の際はこれらの空港をよく利用します。

なかでも、ガトウィック、ルートン、スタンステッドは便が多いのでよく利用する空港です。それぞれロンドン市内から列車で空港にアクセスすることができ、とても便利なのですが、朝早すぎる時や年末年始など、理由は様々ですが電車が動いていない時は、長距離バスも便利です。また、値段が電車より安いこともあるので、学生さんなどは積極的にバスを選ぶ方もいるかもしれません。

ということで、今回は長距離バスでの各空港への行き方についてまとめてみました。空港への送迎をしているバス業者は、私の知る限りでは4つ。

  • イージーバス(easybus)
  • ナショナルエクスプレス(national express)
  • テラビジョン(Terravision)
  • グリーンライン(Greenline)

基本的には競合していますが、一部の路線では共同運行的なものもしています。違いは色々ありますが、乗る側にとって一番重要なのはバスのルートだと思います。電車がやっていない時に使いたいというニーズも多いと思うので、そもそも自分の家の近くや、夜中でも市内バスでアクセスできるところにバス停がないと、使い様がありません。ということで、ルートの紹介を中心にちょっとまとめてみました。

<イージーバス>
イージーバスは、ガトウィック空港行き・ルートン空港行き・スタンステッド航空行きともに出ています。
EasyBus_Route_Dec2015
引用:http://www.easybus.com/en/about-us/our-bus-routes

ルートはこんな感じ。直行便が多いですが、ルートン行きとスタンステッド行きはマーブルアーチ、ベイカーストリート、フィンチリーロード、ゴルダーズグリーンに停車しながら行くものもあります。この辺りは日本人も多く住んでいるので便利かも。

イージーバスのバスは、バスというより“バン”という感じであまり乗り心地がいいとはいえず、私は好きではありませんが、値段はすごく安い印象があります。(一部ラインではナショナルエクスプレスの大型バスが来ます。)

チケットは満員でなければその場で買うこともできるようですが、基本的には事前にオンラインでチケットを買うのが一般的です。乗り遅れたり、少し早くバス停に到着した場合は、前後1時間であれば空席がある場合は別のバスに乗せてもらえたりします。荷物の量には規定がありますので、事前によく確認が必要です。

<ナショナルエクスプレス>
ナショナルエクスプレスも、ガトウィック空港行き・ルートン空港行き・スタンステッド航空行きともに出ています。違いは、始発は全てヴィクトリアで、それぞれバス停にいくつも止まった後に空港まで到着するところでしょうか。

ルートはこんな感じ。
image
ルートンとスタンステッド行きは、イージーバスとほとんど同じようなバス停を通ります。でも、イージーバスでは停まらないバス停もあるので、そこのバス停を使いたい人はナショナルエクスプレスから予約をする必要があります。

詳細のルートはこちらから。
London to Gatwick http://coachtracker.nationalexpress.com/routes/A3/I/London-Gatwick_Airport_Sth
London to Luton http://coachtracker.nationalexpress.com/routes/A1/O/London-Luton_Town
London to Stansted http://coachtracker.nationalexpress.com/routes/A6/O/London-Stansted_Airport

ナショナルエクスプレスも、荷物の重さの規定があります。そしてやはり、予約はオンラインからする必要があります。ナショナルエクスプレスのバスは大型バスなので、乗りやすくて好きです。

<テラヴィジョン>
テラヴィジョンも、ガトウィック空港行き・ルートン空港行き・スタンステッド航空行きともに出ています。
image
テラヴィジョンは、同じルートでも直通とそうでないものがあったり、イージーバスやナショナルエクスプレスとは違うルートを通っていたりします。ベイズウォーター、サウスケンジントン周辺、ハマースミスあたりからガトウィックに行けたり、Brent CrossやBricket Woodにもルートン行きが停まったり、Finsbury Square、Liverpool Street、Bromley By Bowを通ってスタンステッドに行ったり、という感じです。イージーバスやナショナルエクスプレスは使い物にならない場所に住んでいる人も、このバス会社なら使えるかも…。

私はこの会社のバスは利用したことがないので詳しいことは不明ですが、ご参考まで。詳細のルートはこちらから→http://www.terravision.eu/airport_services.html

<グリーンライン>
green-line-map-03_2015_artwork

グリーンラインは、スタンステッド、ルートンと、あとはヒースロー行きのバスがあるようです。ルートン空港行きのもの以外はあんまり便利な路線じゃないかな~。ご興味ある方はサイトをどうぞ!h
ttp://www.greenline.co.uk/

以上、ロンドン市内から利用できる空港行きの長距離バスのまとめでした。今回の記事はざっくりしたまとめになりますので、実際に利用される際は、利用規約やバス停の位置などの確認をよくしてから乗ってください~\(^o^)/なんか間違ってたらごめんね~\(^o^)/

励みになりますので、応援クリックお願いします♪ にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。