ロンドンの日系歯医者に行ってきた。歯の治療はやっぱり日本で…。

随分前になりますが、初めて、ロンドンで歯医者さんに行ってきました。


BlogPaint

フィンチリーロード駅から徒歩数分のところにある、奈美デンタルクリニックさんです。最近歯石が気になってきていたので、久しぶりの歯医者で歯石取りをしてもらうことにしたのです。

中の写真はもちろんありませんが(笑)、こぎれいな歯医者さんでした。

イギリスでは、初めてかかる歯医者ではレントゲンを撮って、歯の状態をチェックするのが一般的との話を伺い、レントゲンを撮ってから、歯石の除去をしてもらいました。幸い歯の状態にも問題はなく、歯石の除去も20~30分程で無事終了。日本と同じような感じに仕上がり、ホッと一息。先生も感じのいい方でした。

…が、お会計の値段を見て、頭がクラクラ…

約180£\(^o^)/ さ、3万円ですわよ!奥様!

ちなみに、日本だと同様の施術で3000円程です(⌒-⌒)

イギリスにはもちろんNHS(公的医療制度、基本的には医療費無料)の歯医者さんもあるようですが、そもそも新規の患者さんの受付を停止していたり、予約できても数週間後だったりとけっこう不便なよう。(そして、NHSでも歯科だけは患者負担が発生することがあるこnようです。)そして私にとっては何よりも、片言でその不便な壁をいくつも越えていくのにはものすごいパワーが必要なわけです(笑)。金で解決できるならしたいのが本音w

ということでそれなりの出費は覚悟はしていたものの、覚悟していた額の倍くらい掛かっちゃった~( ・Д・)

私たちの海外滞在時の医療費については、夫の会社で海外旅行保険に加入させてもらっているので、基本的にイギリスのプライベート医療は無料で受けられるわけですが、海外旅行保険ってのは基本的に歯科部分は保険給付対象に入ってません。緊急歯科治療費用補償特約などを付けられる保険もありますが、そもそも歯石除去は緊急治療でもないし、多分給付対象にはならないはず…。

で、一縷の望みとしては日本で引き続き加入している健保に海外療養費として請求できるかも、ってなところなんですが、加入している健保は請求できる下限金額が3万円とのことで、3万円以上の出費でないとお金が返ってこない仕組み…。

OMG\(^o^)/

ということで、180£は高い勉強代となったのでした。

思えば夫の海外赴任が決まってから数カ月、海外での歯の治療費はべらぼーに高いらしいという噂を信じ、私は必死に歯医者に通って治療をして、その治療がギリギリ間に合ってロンドンに来たのですが…今回の180£は仕方ないにしても、あの時、きちんと歯医者に通いつめて治療を終えておいて、本当に良かった…と思ったのでした。ちゃんちゃん。

いや、先生は良い方でしたよ(笑)!

【追記】

一年後、また歯垢・歯石を取りに行こうと思って、奈美デンタルクリニックでもいいけれど、他の歯科医もどうかな?と思って、とりあえず値段だけ電話で問合せをしたところ、新事実発見。

問い合わせた先(全て日系)と、その値段は…

  • 歯科医K 初診料85ポンド、クリーニング95ポンド~
  • 歯科医L 初診料80ポンド、クリーニング80~120ポンド
  • 歯科医K 初診料65ポンド~、クリーニング65ポンド~

ま、値段は別に多寡があれど、まぁこんなもんか、って感じなんですが。

初診料が含まれてたんですね、上の180ポンドも。いや、そういや変だと思ってたのよ、電話で値段問い合わせたときは100ポンドしないって話だったのに、会計見たらいきなり180ポンドになってたからさ。ぶっちゃけ、きつねにつままれたような気分だったんだけど、初診料だったのね(いや、明細見ろよって話なんだけど。)

まぁ正直、電話で初診料のこと説明してくれなかったのはこの歯医者さんだけなので、後日談的に信用度がちょっと下がってしまったのが本音。でも、かといって他の歯医者でまた初診料払うのも微妙だし、結局2回目もこちらでクリーニング。腕は悪くないよ。悪気があったとも限らないよ。でも、うーん、という。ま、80ポンドなんてはした金…なわけない\(^o^)/

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。