生理痛には、EVE(イブ)がお好き。イギリスで買うなら何?

生理痛のお薬、どれがお好みですか?

半分は優しさでできている、バファリン?

効きすぎて怖いという話もたまに聞く、ロキソニン?

私も篠原涼子になりたい\(^o^)/EVE?(飲んでも篠原涼子にはなれない。)

私はなんとなーく、EVEが好き。たぶん、タブレットが小さくて飲みやすいから、というのも大きいのかも。

日本から持ってきたEVEが最後の2錠になってしまい(EVEは一回2錠服用なのね。)、そろそろ代用品を探さねばならん、ということでネットをポチポチ検索。

日本の市販薬は、有効な成分をいくつか配合し、それにブランド名を付けて販売するのが主流。イギリスでももちろんそういう商品はあるけれど、より需要があるのはひとつの有効成分のみが入ったもの、らしい(人気なのは、たぶん安価だから)。だから商品名自体が有効成分の名前だったりするらしく、有名なところだと、

  • Paracetamol(パラセタモール)(日本名:アセトアミノフェン)
  • Ibprofen(イブプロフェン)
  • Aspirin(アスピリン)

一般的に、このあたりが生理痛に効くみたい。

「んー、どれを買ってみようかな~?」と思いながら、何気なくEVEの成分を調べてみると…

成分:イブプロフェン 150mg(2錠中)、その他添加物

…とのこと。

EVEの「イブ」ってイブプロフェンのイブなのwww?EVEじゃなくてIBUだろうがっ\(^o^)/

…ということで、 Ibprofenこそがまさに私が求めていたEVEの代替品だったのでした。(本当かどうかは知らん。詳細は調べてね♪)ということで、今回は試しにIbprofenを購入してみました。
image
…っていうか、めちゃ安!
ブランドにもよりますが、1£しなかったです。パラセタモールの方なんて、もっと安くて16錠で25ペンスでしたw(゚o゚)w

ちなみにバファリンAはアスピリンが主成分、バファリンルナはイブプロフェンとパラセタモールが主成分とのこと。なんで日本の薬はいろんな成分を組み合わせるのがデフォルトなんでしょうかね~?その方が儲かるから?

今回購入したイブプロフェンは1錠中に200mgなので、日本のEVEの1回150mgよりは成分が多めであることは確か。私はそういうのがけっこう気になるタイプなので、錠剤を砕いて割って、3/4くらい飲むことにしようと思います(笑)。

とりあえずこれで一安心なのでした。ちゃんちゃん

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。