イギリスのかゆみ止めが物足りない話

落ちも何にもない話ですが。

イギリスのかゆみ止めと言えば、

E45 Itch Relief Creamが有名でしょうか。

その他にも、Eurax Creamってのも使いました。

ちなみに、Itchでかゆみ、Itchyでかゆいという意味ですね。イギリス住んでも英語できるようになるわけじゃないけど、テストに99%出ないような妙な語彙力だけは増えます。

で、話は戻りますが、まぁ、物足りない。

イギリスって湿度が低いからか、イギリスで暮らすことになってから、なんとなーく肌が痒くなることが増えて。そんなとき、用法としては間違ってるのかもしれないけど、日本から持ってきたムヒとかウナとか使うとスーッとして、解決、ってことが多かった。

でも、ムヒとウナが切れてから、ブーツで買ってみたり、日系の病院で風邪のついでにおすすめのかゆみ止めくださいって言ってもらってみたりしたけど、どれも物足りないんだよなぁ~

あまりにムヒかウナが欲しくって、ジャパンセンターにも行ったんですよ、ジャパセンって薬少し売ってるんでね。ムヒかウナありますか?って聞いたら、

「イギリスのものじゃだめなんですか?」

っていう、面喰う回答をもらったりして、(そんなこと言うなら、そもそも薬置くなー/(^O^)\バファリンとかこそ意味ないじゃろうが、アスピリン死ぬほど安く隣のブーツに売っとるわい/(^O^)\優しさ入ってないから効かないんですかね/(^O^)\)と心の中で文句を言いながら退散したわけですが

とにかく言いたいことは ムヒとウナが、イギリスにはない!ということ。

もしムヒとウナが切れたタイミングでイギリス滞在がまだまだ続くようだったら、普通に日本から送ってもらっていたと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。