どうなるの?Brexit

最近になって、金融関係で働く友人や兄弟から次々に、「Brexit、どうなるの?」っていう連絡が来る。

…専業主婦に聞くかw? イギリスにいるってだけやで\(^o^)/

こんなときに役立つおとぼけフレーズ。
「むしろ日本から見るとどうなの?」 …テヘペロ☆(古い)

「直近の世論調査だと、離脱派が若干優勢らしいじゃん。まぁ当日の投票率が高くなれば、若干残留派が有利になるって見方だけど…。」

うん、私が得ている情報と一緒だよ。
ついでに聞いちゃおう。「1ポンド120円になるって話まで出てるけど、さすがにそれはないかな?」

「離脱したらあり得ない話じゃないかもね。投機筋はポンド売りで攻めるだろうし、金融環境の悪化で緩和サイドの金融政策するだろうし、米国利上げ遠のくし、世界的に金利がなくなりそう。銀行死亡だよ~。(By 銀行勤めの友人)」

…何言ってるか分からない。というか、私が質問されたはずが、呪文唱えられておわた…

EU離脱するかどうかは国民が決めることだけれど、個人的には、今夫がポンドで貰っているお給料を、帰国するときには最終的に日本円にする予定なので、あんまりポンド下がってほしくないなぁ、って。それだけ(笑)。(ま、円高になるんだしいいじゃん、という考え方もあるけれど、私はこのあと一生日本で生きる予定なので、日本円の数字が増えた方がなんか嬉しいんだもの。金融リテラシーゼロ。)

あとは、会社によって違うんだろうけど、夫が貰ってるお給料って基本的には、例えば1ポンド=160円とか、170円とか、レートを固定させた上で日本の給料をポンド建てにしてもらっているんですよね。実際のレートが120円とか、急激に動いちゃったときに、きちんと給料の再計算ってしてくれるの?ってのもけっこう気になってるんだよねぇ…。

…って、全部お金の話?がめつくて、すいませんね…

それから、不動産価格も影響出るだろうな、と思っていて。今借りている家は、大家さんが売却しようか迷いつつ、継続して2年目も貸してくれている家だから、 Brexitのせいで不動産価格下がっちゃったら、大家さんになんか悪いことしちゃったな、って思う気がする…

…って、最後に優しさ、見せてみた(⌒-⌒)

どうなる、Brexit。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。