季節外れのアマルフィ海岸旅行記(アマルフィ編)

先日も言及しましたが、アマルフィ海岸へ行ってきました。

アマルフィの街までは、予約制のタクシーで。ナポリ空港からお迎えのタクシーに乗り込みます。

これまた先日も言及しましたが、アマルフィへのアクセスは、けっこう不便です。公共交通機関を使うとなると、

naples_to_amalfi

周囲は海と山に囲まれているので、こんな感じでぐるっと迂回しないと辿り着けません。

でも、車なら山道を真っ直ぐぬけられるということで、

naplestoamalfi

今回はこんなルートを通りました。

道中には、小さい村がぽつぽつと現れます。

image image

なんだ?なんだ?と思ったら、お葬式でした。いかにも村の儀式、という独特の雰囲気。

11月という季節柄もあったのか、山の上のほうになると、濃い霧が立ち込めて

image

まじで前が見えない。数メートル先しか見えなくて、ほんと怖かったのですがタクシーの運転手さんがなんとかホテルまで連れて行ってくれました。

泊まったホテルは、ホテル ラ ブッソラ(Hotel La Bussola)

image

アマルフィらしいレモン色のタイルが可愛かったです。目の前は海だし、フェリー乗り場も近くて便利でした。バスタブ付きだし。

アマルフィに到着したのは夕方5時。朝7時くらいに起きてロンドンから来ても、到着すると夕方5時くらいにはなってしまうので、やっぱり遠い、アマルフィ。この日は天気も悪くてどんより。季節のせいもあるのかも。アマルフィ来るならやっぱり夏がいちばんでしょうね。でも、夜景はそれなりにキレイ。

image

ちょこちょこっとアマルフィの街を散策して、ご飯を食べてこの日は終了。

image

おっぱいから水がでる噴水

image

アンチョビとモッツァレラチーズ、バジルをまとめてフライにしたもの。これは初めて食べたけどおいしかったなぁ。

image

翌日は、前日と変わって、なかなかの天気。ホテルからの眺め。

image

天気が違うだけで、アマルフィのドゥオーモもこんなにきれい。中世の300年間、アマルフィ公国として独立を保っていただけあって、こんなに小さな街にしては立派な教会です。

image

教会の内部。

image

それから、ドゥオーモの隣にある天国の回廊。11世紀に建てられた貴族の共同墓地です。イスラム建築の影響を受けた建物だそうで、アルハンブラ宮殿と構造がそっくりなんだとか。

image

アラベスク文様の装飾たちも。きれい。説教台だったそうで、イスラムとの交易を通じて伝わった技術だとか。

image image image

その後も、アマルフィの街を散策。白いトンネルふうの道が続く、アマルフィの路地。色々な建物がくっついた結果、こうなっているそう。

image

アマルフィの旗。マルタの旗のマークと色違いで面白い。ジェノバ、ヴェネツィア、ピサとともにイタリアの海事関係の旗に取り入れられているそう。

image

晴れていると海辺もキレイ。透き通っていて岩場がよく見えます。

image

ちょっと上のほうの丘から見た、アマルフィ海岸の風景。美しや!

image

この後はポジターノに向かいます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。