好きな雑貨屋、スカンジウムとコンランショップ。

ロンドンで好きだった雑貨屋さん。

SKANDIUM(スカンジウム)

北欧雑貨のお店。マリルボーンとサウスケンジントンに店舗がある。これはマリルボーンのお店。

この日はセールなのでイッタラなどのセール品が並んでいました。私もマリメッコのタンブラーが格安(日本の三分の一くらいのお値段!)になっていたのでペアで買ってしまいました。

日本でいう「北欧系」とイギリスでの「北欧ショップ」、取扱商品は重なるところもあれば、重ならないところもあって面白いです。

例えば、イッタラ、マリメッコはたくさん取扱がありますが、それよりも圧倒的に人気だと思われるのはGEORG JENSEN(ジョージ・ジェンセン)。北欧食器はこのような専門店での取扱は別として、デパートではそこまで取扱が多くないことが一般的ですが、ジョージ・ジェンセンだけは取り扱ってる、なんて具合にかなりイギリスで市民権を得てる様子。

銀細工デザインで、シルエットとかキレイなんですけど、作りが大ぶりだし、日本ではあまりなじみのないジャグとかの取扱が多いので、買おうと思ってもちょっと難しい感じ。

マリメッコとかsteltonとか。このあたりはまぁ、日本でもあるかな。

イギリスとか、あと北欧を旅行した時に思ったけれど、日本の「北欧系」ってのは「イッタラ・アラビア・マリメッコとその他少し」みたいな感じだけど、どちらかとああいうイメージより、もう少しファンシーなパステルカラーとかを使ったものも多い。

あと、イッタラ・マリメッコはあるけど、アラビアの食器ってあんまり見かけないな~。何が違うのかしら。日本だととりあえずパラディッシ!アベック!って感じだけど、もしかしたらロンドンで見たことないかも。ロールストランドとかグフタフスベリとか皆無だし、ロイヤルコペンハーゲンさえそんなに見かけないかも。

これはファンシーではないけれど、日本の「北欧系」からはだいぶ外れたところにあるJansen+co。オランダ・アムステルダムという、「それは北欧か?」という疑問もありますが、まぁこの店では取り扱ってる。ぶっちゃけあんま可愛くない。

あとスイス系だけどVitra.とかも。ま、これは日本でもわりと北欧の括りで置いてあるけど。

コンランショップ

そしてこちらもマリルボーンとサウスケンジントンに店舗があるコンランショップ。日本にもあるからおなじみですが。

バオバオのバッグは、イギリスの売り場でよく見かける。日本にいたときはなんじゃこりゃ、って思ってたけど、確かに日本人より外国人のほうが好きそうなんだよね、これ。それとも、今は日本でも流行ってるのかな。

好きなのはやっぱり食器コーナー。

このガラスのカップ&ソーサー、1年くらいずっと可愛いなぁ、と思ったけど結局買わずじまい。写真撮って自分を慰める。

クチポールもたくさん揃っているので、形を見て選びたい時はコンランショップ、いいと思うの。

3階はすてきな家具もたくさんあるよ。

おわり。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • あーっ!!SKANDIUM!!
    ロンドンでロイヤルコペンハーゲン探しをしていて、ほぼ売っていなく、ネットを駆使したところ”SKANDIUM”が出てきて冬月も知りました!!
    日本だと必ずデパートに置いてあるのに、同じヨーロッパだからハロッズやセルフリッジなどには置いてあるだろう…と高を括っていた私…(´・ω・`)

    素敵ですよねー♪
    あぁ、またロンドンに住みたいです…。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。