【ベルギー③】マグリット美術館に行きたくて!ベルギー王立美術館に行ってきました。

わりと近現代の絵画は好きなので、ブリュッセルに行ったらマグリット美術館には行ってみたいなぁ、と思っていました。ということで、マグリット美術館に向かったのですが…

行ってみてびっくり。「王立美術館」という名の下に複数の美術館が属している、という組織的な成り立ちをしているようで、なかでも次の4つの美術館はすべて地下でつながっていて、実質的には一つの大きな美術館として機能していたのでした。

  • magritte museum(マグリット美術館)
  • fin-de-siecle museum(世紀末美術館)
  • oldmasters museum(王立美術館 古典部門)
  • modern museum(王立美術館 現代部門)

4つの施設のコンボチケットが13ユーロ。私はマグリット美術館が目的だったのでそこを中心に、その他は駆け足で回りました。ブリューゲルやルーベンスの絵などもあり、見る人が見えれば感動ものなんでしょうけれども、私にはその価値が分からず、残念すぎます。。。

まずは、マグリット美術館以外で気に入った絵画を張り付けていきます(*´ -`)(´- `*)
2015-03-14-20-31-18
誰の作品か分からないんだけど、教科書で見たことがある気がする。顔が島になった不思議な絵。
2015-03-14-21-12-11
Seuratの絵。Seurat大好きです。
2015-03-14-21-19-55
Montaldという人の絵。こんな淡いピンクとか、色使いが珍しい。
2015-03-14-21-14-21
Rik WOUTERSという人の作品。筆使いが独特でこれまた素敵でした。

さて。お次は目的のマグリット美術館ですが、なんと、このミュージアムだけは写真がNGでした。゜(´Д`)゜。それでも見た絵を記録しておきたい!ということで、エントランスやスーベニアショップや絵ハガキの写真を取ってみました。。。
2015-03-14-21-04-55
エントランスにて。この鳥はマグリットの絵によく現れる鳥。
2015-03-14-20-58-05
スーベニアショップにて。ここにある全ての絵が展示されていたわけではありませんが…。なんとこれから日本でマグリット展が行われるようで、たぶん今日本へ旅をしている絵画もあると思われます。残念すぎる。
2015-03-17-04-58-47
これはお土産のノートをパチリ。この絵はあまりにも有名ですね。
2015-03-17-04-58-31
こちらはノートの裏面。この絵がまじで素敵だった!バーコードは本物の絵にはついていません、あしからず。。。
2015-03-17-04-58-57
こちらは購入したポストカード。

マグリットの絵では、おじさんや月や空や鳩や家など、繰り返し同じモチーフが手を変え品を変え描かれ続けています。ここまで同じモチーフで描くか!!???っていうくらいに同じモチーフが続きます。アートとか何かを表現するっていうと、常に新しいことをしなければならないような気がしていたのだけれど、そんなことないんだな、同じ何かを主張し続けることでより強調される美とか印象とか、そういうものもあるんだなー、なんていうことをふと思う美術館でした。

シュルレアリスムの中ではダリが好きだったのだけれども、今回初めてマグリットの絵画を見てみて、マグリットの方が好きかもー!と思うほどに、マグリットが大好きになってしまいました(*´ -`)(´- `*)絵を見ていて思わず笑っちゃう絵もあって、「絵を見ながら笑うって初めてかも?」と自分に驚いたりもしました。けっこう素敵な美術館でした(*´ -`)(´- `*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。