無料時間を狙え!ゲルニカのある、ソフィア王妃芸術センター。

さて。私はピカソはあんまり好みではないのですが、せっかくマドリッドまで来たのだから、見ていこうかな、と思う訳で。

そう。マドリッドのソフィア王妃芸術センターには、あの「ゲルニカ」があります。
gerunika
想像しているよりずっとずっと大きな絵でした。感想は以上です…。(ゲルニカの部屋のみ、撮影禁止です…。)

他にもピカソの作品はいくつかあって、アルルカンの絵だけはやっぱり好きだなー。
2015-09-06-02-06-51
けっこう豊富だったのは、ダリの絵画。「偉大な自慰者」
2015-09-06-01-55-42
「子供ー女の記憶」モナリザも描かれています。
2015-09-06-01-57-03
「ヒトラーの謎」小さくヒトラーが描かれています。
2015-09-06-01-57-56
ゴッホ「ドービニーの庭」。ひろしま美術館にもある絵ですが、こちらは猫がいるバージョン。バーゼル市立美術館に所蔵されているようですが、今日はこちらにありました。
2015-09-06-02-04-57
セザンヌ「グラスとりんご」
2015-09-06-02-06-31
ゴーギャン「Nafea faa ipoipo(いつ結婚するの?)」。今年、競売で355億円で落札された作品。今後スペインやアメリカを回った後、カタールの大金持ちの手元へ渡る予定の作品です。
2015-09-06-02-05-56
フェルディナント・ホドラー「The sick」
2015-09-06-02-08-16
Josefa tolraの「river」。かわいい。
2015-09-06-02-11-04
Equipo Realidad「86 Beauty Contestants in Swimwear」
2015-09-06-02-15-23
Guðmundur Guðmundsson 「Color – Blind Monster Matisse」
2015-09-06-02-16-47

ここの美術館も営業終了時間の2時間前から無料での見学が可能です。(詳細は公式HPでご確認ください。)ここはプラド美術館ほど行列が多くなく、また展示品もプラド美術館よりは少なめなので、2時間で周り切れるのではないかと思います。なので、もし可能なら無料時間を狙うのがいいかなー、と思いました。(そもそも、そこまで「超」有名な絵が常設されているわけではないので、ゲルニカだけとりあえず見たい~的な人は、無料で全然OKです。)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。